バイナリーオプションの規制について

バイナリーオプションの規制について、2013年6月から、規制に施行についての発表がありましたが。
2013年7月に、遂に、バイナリーオプションの規制が金融庁により施行されました、内容は、「金融商品取引業等に関する内閣府令」及び「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」の一部改正とありますが、簡単に説明すれば、取引時間の引き延ばしや、取引内容に関する改正を求めるものとされています。
この金融庁による規制に伴い、国内バイナリーオプションは下記のような問題が予想されます。

バイナリーオプションには国内と海外が存在します。
バイナリーオプションでは国内と海外のメリットやデメリットを紹介しています。
是非、参考にして下さい。

国内バイナリーオプションの規制後の予想

国内バイナリーオプションでは、規制後、利用者の減少が少なからずとも見られることが予想されます。
その理由としても、今回の規制内容で、国内バイナリーオプションの利便性の減少や、今後の金融庁の動向のリスクがうかがえるからです。国内バイナリーオプションのルール改正までに設けられた猶予は4ヶ月、この4ヶ月の間で、確実に国内バイナリーオプションは新ルールでの展開をしていかなくてはなりません。ここで、魅力的なルールでの展開ができるかがカギです。

バイナリーオプションの規制施行は8月から

バイナリーオプションの規制施行は8月1日より施行されます。
なので少なくとも8月に入り国内バイナリーオプションに動きが見られるはずです。ルール改正を金融庁に求められた国内バイナリーオプションはどのような新ルールで、利用者の魅力を取り戻すのかがきになります。
今回の規制の猶予期間は4ヶ月、なので11月末には、国内全てのバイナリーオプションの新ルールでの展開が始まります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ